国際貿易の公正な取引と社会悪の監視を最終的に確認するのが検数

公正な国際貿易のサポーター、国民生活の安全を守る水際の監視人

第9回 労働安全衛生中央学校

6月29日、30日に開催された『働くものの命と健康を守る全国センター』主催の第9回 労働安全衛生中央学校に参加しました。
2日間の講義のテーマはうつ病などのメンタルヘルス問題から、腰痛・アスベスト問題まで多岐に亘る内容となりました。
アスベストについては芝病院の藤井正寛先生の講義を受け、アスベストの歴史から、アスベストによる健康障害等のことを医学的観点から説明がされました。

本来の課題となる救済等の話については、どのように救済をしていいけば良いかなどの話はされませんでしたが、アスベストという物については、詳しく知ることができました。

210-1.jpg210-2.jpg210-3.jpg

2013/07/05(Fri) 13:55 

NO5検数労連13夏季一時金交渉

7月4日(木)第4回検数労連13夏季一時金交渉が開催されました。
7月3日までに『中東見解』に対する意見を求めたところ、10地区中、9地区で『批准』1地区『一任』を受けたことにより、第5回交渉で正式に妥結の態度表明を行い、支給日7月10日(水)を確認しました。

また、7月20日(日)は参議院選挙が行われますので、労連機関紙でも参院選特集ビラを作りました。
詳しくはPDFファイルをご覧ください。

(322KB) (338KB)

2013/07/04(Thu) 13:58